So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【芸能事務所エーチームグループ評判】DAIGOがボーカルの「BREAKERZ」、ツアー最終日「最高の“X (クロス)”を!」 [エーチームグループ 評判]


DAIGO(エープラス所属)
BREAKERZ、ツアー最終日
最高の“X (クロス)”を!


BREAKERZ LIVE TOUR 2017【X-cross-】ファイナル公演


10月18日に10周年スペシャルアルバム『X (クロス)』をリリースしたBREAKERZが12月15日、TSUTAYA O-EASTにてライブハウスツアー<BREAKERZ LIVE TOUR 2017【X-cross-】>のファイナル公演を開催した。豪華アーティストとのスペシャルコラボレーション盤とファンと“クロス”したリクエストベスト盤というCD2枚をひっさげて開催された同ツアーは全国各地にて幾重にも層を増したバンドサウンドを実証、ツアー最終公演ではバンドの熱量とファンの熱気で場内の沸点が終始最高潮を記録した。そのオフィシャルレポートをお届けしたい。



TSUTAYA O-EASTのチケットはSold Out、場内はまさに超満員だ。全国を駆け抜けてきたステージ背後のツアーロゴ旗が、今か今かと待ちわびるようなフロアからの視線を浴びて、期待感が会場を埋め尽くしていた。

真っ青のライトを受けて、SHINPEI、AKIHIDE、最後にサングラスをかけたDAIGOが登場。10周年スペシャルアルバム『X (クロス)』に収録されているVAMPSのサポートを務めるJu-ken(B)、ARIMATSU(Dr)との“クロス”楽曲「GOD」が重厚なサウンドで披露された。イントロや間奏のキメで両手を広げ煽りまくるナポレオンジャケットのDAIGO。ベロアコートをなびかせながらクールにソロを泣かせるAKIHIDE。ノースリーブで衰え知らずの筋肉美を披露しながら激しいギタープレイでぶち上げるSHINPEI。一曲目から強烈なインパクトを残し、サングラスを取ったDAIGO。



続くナンバーはリクエストベスト盤より、最初期からのライブ定番アップチューン「Kamisori」だ。早くもお立ち台に上がりメンバーとオーディエンスの距離はさらに近づいていく。その間奏ではSHINPEIとオーディエンスの熱い絡みも。3曲目の「Everlasting Luv」では、もうここがクライマックスなのではないか?と疑うほどの盛り上がりをみせ、客席はサビ頭を合唱、DAIGOはステージ際でガンガンファンサービスを仕掛けつつ、クレーンカメラにも煽りを入れていく。AKIHIDEはクールにお立ち台でプレイしつつも、サビをマイクを通さずに口ずさむなど曲への想いを強く感じさせる。

「東京ただいま!」とDAIGO。その掛け声に大きな歓声が上がった。12月30日の追加公演を控えつつも「今日が良ければそれでいい、と思うくらいの気合でステージに臨む」と約束。「俺たちとみんなで最高の“X (クロス)”を作り上げようぜ!」と語った。

この言葉をきっかけにゴールデンボンバー鬼龍院翔との“クロス”楽曲「ゴールデンナイト~黄金色に抱きしめて~」へ。オーディエンスは手を上げながら拍子に合わせて飛びまくる。CDでの鬼龍院とのデュエット部分はDAIGOの「デュエットしようぜ!」の声に合わせてファンとデュエット。低音を響かせるDAIGOとファンの「好きよ」「好きさ」の応酬は不思議な艶を帯びていて、会場は妖艶な雰囲気に包まれた。

「BLACK SKY」はSKY-HIとの“クロス”楽曲。四つ打ちのリズムに合わせてミラーボールが回り、クラブのような雰囲気に。音源でのSKY-HIのラップ部分をSHINPEIが鮮やかに披露。さらに「SUGAR BABY」ではDAIGOがスタンドマイクを振り上げ、間奏ではSHINPEIがフロアを煽るが、フロアもこれに折りたたみで応戦。曲終わりにみせたDAIGOの色気を帯びた舌舐めずりが、ライブへの没入感を際立たせた。



「みんな、BREAKERZの車に乗りたいかい!?」──SHINPEI

SHINPEIのコール&レスポンスから続く手拍子の中で始まったナンバーは、GRANRODEOのe-ZUKA(G)との“クロス”楽曲「RODEO DRIVE」だ。曲中の「少し一休み」部分で一瞬オケをストップさせ、DAIGOとAKIHIDEが絡む部分では黄色い声が上がる。その後のMCでは豪華アーティストやファンと制作したアルバム『X (クロス)』、アルバムツアーへの想いを熱っぽく語り、レーベルの先輩にあたる倉木麻衣との“クロス”楽曲「ひらり舞い散る花のように」へ。ここからはアコースティックギターの音色が美しいセクションとなった。

AKIHIDEのしっとりとしたアコースティックギターが導入の「ひらり舞い散る花のように」は、場内に倉木麻衣の幾重にも重なる繊細で透明感のあるコーラスが響き渡る。BREAKERZのナンバー「月夜の悪戯の魔法」を彷彿とさせる和テイストを感じさせる楽曲を、情感溢れるヴォーカルで大切そうに胸に手を当てて歌い切ったDAIGO。続いては、SHINPEIもアコースティックギターに持ち替えた「心をつないで」へ。AKIHIDEのコーラスやSHINPEIの美麗なハモりが楽曲の感動をより一層引き立て、ロックバンドという枠を超えた綺麗さが際立つ。かと思えば、AKIHIDEとSHINPEIが再びエレキギターを手にした「Birdman」はミディアムテンポの骨太なロックナンバーで攻めるなど、BREAKERZというバンドの懐の深さを見せつけた。

そして、FC&Musing盤限定収録曲「BATTLE SE -VS-」へ。同曲では壮絶なギターバトルが。AKIHIDEは耳を劈く泣きのギターを、SHINPEIは力強く速弾きを披露。ユニゾンからハーモニーへ、ハーモニーから別アンサンブルを響かせる絡みへ、再びユニゾンへ、とめまぐるしい展開も完全に息が合って圧巻。そこから、「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」で客席は再び熱狂へ。オーディエンスの声量ボリュームがマックスを迎えるなど、同曲のポテンシャルとファンの熱量の高さを存分に感じさせた。



次の“クロス”楽曲は超特急との「恋のスーパーエクスプレス」。AKIHIDEのコールが入り、リズムに合わせて手を振るメンバーとオーディエンス。メンバーが手でハートマークを作ってみたり、客席はBメロに所謂PPPH(※ヲタ芸の一種)を入れてみたり、アイドルさながらのステージングに超特急とのコラボ曲らしさが溢れ出る。そのままBREAKERZの鉄板曲のひとつ「SUMMER PARTY」へ。イントロから客席は折りたたみ、DAIGOはオーディエンスを指差し、歌詞に描かれた“君”を煽る。オレンジとイエローの煌びやかなライティングの中、メンバーは全員ステージ際ギリギリでファンと触れ合うなど盛り上がりも最高潮へ。

その直後のMCではAKIHIDEが、「ツアー中はそのステージが行われる土地の方言を必ずどこかに入れる」というサービスをしてきたとのことで、曲中にもDAIGOからマイクを向けられ、最後に「ありんす!」と茶目っ気たっぷりに笑顔を見せた。「ここにいるみんなと滅茶苦茶「X (クロス)」していきたいとDAIGO。このセリフを合図にMY FIRST STORYのNob(B)、Kid’z(Dr)との“クロス”楽曲「NEVER ENDING STORY」へ。

タオルを片手に拳を振り上げての煽りにオーディエンスもタオル回しで応え、「FAKE LOVE」ではDAIGOもジャケットを脱ぎ、ほぼ客席に乗り上げるような形で殴り込」。SHINPEIがAKIHIDEのマイクでコーラスに入り、ステージ向かって左にDAIGO、真ん中でAKIHIDEがプレイするなど立ち位置も“X (クロス)”。「She Is Devil」のイントロではDAIGOの「東京、頭振れっ!」のシャウトに会場は全員ヘドバン状態。そのままの勢いでなだれ込んだ本編ラストの「DESTROY CRASHER」では「人生最大にぶっ壊れろ!」の言葉通りメンバーとオーディエンスがひとつになり、盛大に壊れきってステージの幕が閉じた。



メンバーが退場するやいなや、すぐさまアンコールの声が響く会場に再びメンバーが登場。MCでは本編とは打って変わって和やかなメンバーの掛け合いが繰り広げられ、会場がファンシーな空気に包まれた。そして、その雰囲気を引き継いだまま声優ユニットTrignalとの“クロス”楽曲「Triangle」へ。音源でのTrignalメンバーの朗読部分をライブではメンバーが、なんとくじ引き(!)で配役を決定。曲中で誰がどの役をやるかが演奏されて初めてわかる、という演出で披露された「Triangle」は、曲名にかけた三拍子のメルヘンチックな楽曲を三人並んで可愛さ全開。セリフの掛け合いも爆笑に包まれた。

「俺、今日ここでライブ終わっても満足です(笑)」──DAIGO

と笑顔で歌い終えて漏らしたDAIGOのひと言に続くのは、「Angelic Smile」だ。そのAメロを会場のファンがまるまる大合唱して、ライブはいよいよ佳境へ。ラストはGLAYのJIRO(B)と長年GLAYのサポートドラマーを務めるToshi Nagaiとの“クロス”楽曲「GREAT AMBITIOUS」だ。BREAKERZとして10周年を迎え、直接ファンと音楽を共有できる出来る幸せ、嬉しさ、楽しさを全て詰め込んだようなセッションは、Bメロの合いの手部分を何度も何度も繰り返し、ファンとの別れを惜しむかのように歌って弾き続けた。DAIGOは最後のサビをほぼオケなし、マイクなしで限りなく生声に近い歌声をファンに届けてファイナル公演が終了した。その最後、BREAKERZとファンとの“X (クロス)”が永遠のものであることがDAIGOの言葉で約束された。

「10年、20年ずっとずっと続ける、一生かかってついてこい!」──DAIGO


<BREAKERZ LIVE TOUR 2017【X-cross-】FINAL>2017年12月15日(金)@TSUTAYA O-EAST セットリスト


01.GOD
02.Kamisori
03.Everlasting Luv
~MC~
04.ゴールデンナイト~黄金色に抱きしめて~
05.BLACK SKY
06.SUGAR BABY
07.RODEO DRIVE
~MC~
08.ひらり舞い散る花のように
~Short MC~
09.心をつないで
10.Birdman
~BATTLE SE -VS-~
11.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
12.恋のスーパーエクスプレス
13.SUMMER PARTY
~MC~
14.NEVER ENDING STORY
15.FAKE LOVE
16.She Is Devil
17.DESTROY CRASHER
encore
en1.Triangle
~MC~
en2.Angelic Smile
en3.GREAT AMBITIOUS


<BREAKERZ LIVE TOUR 2017【X-cross-】追加公演>


2017年12月30日(土) EX THEATER ROPPONGI
開場16:00/開演17:00
▼チケット
アリーナスタンディング・指定席 6,500円(税込)
※ドリンク代別途必要
※未就学児入場不可
※開場時間より整理番号順の入場となります
一般発売中



【ライブレポート】BREAKERZ、ツアー最終日「最高の“X (クロス)”を!」 | BARKS
【芸能事務所エーチームグループ噂】DAIGO絵本第2弾出版 自己評価は「KPKP」|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチームグループ噂】DAIGO、“後輩チャリティーランナー”ブルゾンちえみは「BIJ」!新川優愛とエール送る<24時間テレビ> | エーチームグループ情報
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチームグループ評判】DAIGO、北川景子の誕生日祝福 プレゼントに「素敵すぎる」「理想」の声
【芸能事務所エーチームグループ評判】DAIGO、オオカミ数匹と記念写真!「かっこよすぎる」の声多数 | エーチームグループ情報
【芸能事務所エーチームグループ歌手の評判】DAIGO「みんなを一生、大切にします」|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチームグループ噂】DAIGOがボーカルの「BREAKERZ」、10周年公演前に横浜で“ウォーミングアップ”公演|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチームグループ噂】DAIGO、北川景子の手料理は必ず撮影 仲良しぶりが明らかに|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム|エーライツ 【芸能事務所エーチームグループ評判】DAIGO、妻・北川景子をベタ誉めに、ネットからは「惚気ももう全然嫌な感じしなくて最高」の声
【芸能事務所エーライツ噂】DAIGO、祖父・竹下登元首相からもらったプレゼントに驚きの声 - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
DAIGOオフィシャルブログ Powered by Ameba
エープラス|所属タレント|DAIGO
エーチームグループオーディション|所属タレント|DAIGO



nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0