So-net無料ブログ作成
検索選択

【エーライツ噂】えりちょす(郡司英里沙)、美腹筋&メリハリヒップで魅了 水着バトルで1位に [エーライツ噂]

えりちょす(郡司英里沙)
美腹筋&
メリハリヒップで魅了
水着バトルで1位に


えりちょす(エーライツ所属)

「週刊ヤングジャンプ」(集英社) サキドルエースサバイバル SEASON6

モデルで、アイドルグループ・Pimm's(ピムス)のリーダーもつとめる“えりちょす”こと郡司英里沙(エーライツ所属)が、3月9日発売の「週刊ヤングジャンプ」15号のセンターグラビアに登場した。


「週刊ヤングジャンプ」15号


今号では、昨年12月より始動したアイドル10組10名が同誌の表紙&巻頭グラビアをかけて読者投票で戦う恒例の人気企画「サキドルエースサバイバル」を発表。

郡司英里沙は、同企画初となるストリーミングサービスとのコラボ企画で1位を獲得。筋の入った腹筋、引き締まったボディと美ヒップが目を引くバックショットなどを披露し、すらりと伸びた手足で魅了した。


郡司英里沙

「サキドルエースサバイバル」とは?優勝が決定


同企画は、アイドルたちが水着で鎬を削る人気企画。第6回大会となる今回は、総投票数が過去最多となる5万票超えを記録した。



2位との差が数十票という接戦を制し、表紙と巻頭グラビアを飾ったのは「バンドじゃないもん!」の甘夏ゆず。普段はキュートな黄色い衣装の甘夏が、黄色のビキニ姿を惜しげもなく披露した。

巻末グラビアには、惜しくも本戦2位となった「ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)」の鹿目凛が登場。アイドル界では“ぺろりん先生”名義のイラストレーターとしても活躍中の彼女だが、グラビアでも存在感を見せつけた。


えりちょす(エーライツ所属)


サキドルエースSURVIVAL SEASON6 - 週刊ヤングジャンプ公式サイト
えりちょす、美腹筋&メリハリヒップで魅了 水着バトルで1位に - モデルプレス
郡司英里沙:「ヤンジャン」グラビア企画でSHOWROOM賞 ビキニですらり手足 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
【エーライツ噂】えりちょす(郡司英里沙)も参戦!水着美女10名の美ボディバトル開幕!!|エーチームオーディションに関するあれこれ
【エーライツ評判】えりちょす(郡司英里沙)、美腹筋&メリハリヒップで魅了 水着バトルで1位に - エーチームオーディション/エーライツ
【エーライツ所属】えりちょす(郡司英里沙)、美腹筋&メリハリヒップで魅了 水着バトルで1位に - エーチームのオーディションって…。
【エーライツ事務所】えりちょす(郡司英里沙)、美腹筋&メリハリヒップで魅了 水着バトルで1位に - エーチームグループNews
Pimm's | Twitter
郡司英里沙 | Instagram
えりちょす航海日誌 by えりちょす|CROOZ blog
えりちょすプロフィール|エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|えりちょす
エーライツとは - はてなキーワード
えりちょすとは - はてなキーワード



サキドルエースSURVIVAL SEASON 6
NO1『郡司英里沙』



郡司英里沙(えりちょす) Pimm's
アイドルを目指した理由&ライブ




えりちょす(エーライツ所属)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【エーライツ辞める】吉岡里帆の「カルテット」で見せた狂気的な演技に絶賛 イメージ一変 [エーチーム評判]


「可愛いだけ」じゃない!
吉岡里帆(エーチーム所属)
イメージ覆した狂気の
″悪女怪演″で評価が急上昇

「悪女ぶりがすごい」「サイコパスの演技が完璧」



吉岡里帆(エーチーム所属)


現在放送中のドラマ『カルテット』(TBS系)に出演している女優・吉岡里帆(24・エーチーム所属)の評価が急上昇する事態が起きている。若手の清純派女優の代表格ともいえる彼女だが、視聴者から「悪女ぶりがすごい」「サイコパスの演技が完璧」などと可愛いルックスからは想像できない狂気を秘めた演技に絶賛が巻き起こっているのだ。



同作は冬の軽井沢を舞台に、偶然の出会いから弦楽四重奏団「カルテットドーナツホール」を組んで共同生活を送ることになった巻真紀(松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森諭高(高橋一生)、別府司(松田龍平)の4人が繰り広げるラブサスペンス。

真紀の夫・幹生(宮藤官九郎)は失踪しており、幹生の母・鏡子(もたいまさこ)は「真紀が殺したのではないか」と疑い、すずめに真紀を監視するように依頼していた。だが、すずめは真紀に感情移入してしまったために監視から外され、真紀たちが定期演奏しているライブレストランの従業員・有朱(吉岡)が後を引き継ぐことになる。



吉岡が演じる有朱は、誰からも好かれそうな可愛らしい女子で常に笑顔を絶やさないが、なぜか「目がまったく笑っていない」という役どころ。元地下アイドルで男性を転がすのが上手く、すずめに男を誘惑するテクニックを伝授したことも。さらに「小学校時代は毎年、有朱がいるクラスだけ学級崩壊」「アップルストアで働いていた元カレは有朱と付き合ったせいで、今では毎朝パチンコ屋に並んでいる」「あだ名は淀君」といった恐るべき過去が明かされた。



14日に放送された第5話では、有朱が真紀たちの暮らしている別荘に突撃。すずめや真紀と女3人の会話になり、夫の話題を避けようとする真紀に「家出ですか?」「真紀さんもウソつきですね」「ご主人もう生きていないかも」などと問い詰め、まったく目が笑っていない冷酷な表情で畳みかけた。



これにネット上の視聴者からは「有朱がヤバくて鳥肌立った」「サイコパスすぎて怖い」といった意見が続出。それと同時に「吉岡里穂の演技力すごい」「こんな怪演ができる女優さんだったとは」「目が笑ってない演技が最高」「松たか子と満島ひかりを相手に一歩も引かないド迫力演技」「ただのキレイなだけの女優さんだと思ってたら全然違った」などと、吉岡の演技力を絶賛するコメントが飛び交った。



さらに21日に放送された第7話のラストシーンでは、有朱が真紀のバイオリンを盗むために別荘に侵入。そこに失踪していた真紀の夫・幹生が現れ、揉み合いの末に有朱がベランダから転落するという急展開に。「え、アリスちゃん死んだ!?」「超展開すぎる」「いきなりサスペンスになった」「続きが気になる!」などと視聴者たちが驚愕し、Twitterのトレンドワードに「カルテット」が入るほどの騒ぎになった。



有朱はメインの4人に比べると登場時間は非常に短いのだが、吉岡の怪演によって視聴者の目をクギづけにし、さらには物語の大きな転換点まで担ったことになる。



「吉岡さんは"地味カワ"と呼ばれるルックスで、今まで演じてきたのも控えめで大人しい役柄が大半でした。悪女キャラなら菜々緒(28)のようなキツめの美女がハマリ役に思えますが、清楚で平凡そうな女性が『実は悪女』というパターンがもっともリアルで怖い。その構図に吉岡さんはピタリとハマリこんだといえるでしょう。もちろん、それは吉岡さんの演技力の高さがあってこそ。清純派のヒロインよりも、心に闇を抱えたヒール役の方が難しいのは周知の事実です。同ドラマは視聴率が一桁続きで決して好調とはいえませんが、もし視聴率的に失敗に終わっても吉岡さんの女優としての評価は間違いなくうなぎ上りになる。今後は清楚系だけでなく、幅広い役柄のオファーがくることになるでしょう」(芸能関係者)



吉岡といえば2014年に「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビューし、その爽やかな笑顔と抜群のプロポーションで男性支持を獲得。その人気を背景に清純派女優として活躍し、ブレイクの登竜門といわれる「ゼクシィ」の9代目CMガールに選ばれたことで人気を不動にした。それだけでも大したものだが、まだまだ彼女は底知れないポテンシャルを秘めていたようだ。急展開となったドラマの続きを楽しみにしつつ、狂気の悪女という新境地を開いた吉岡のさらなる大飛躍に期待したい。



火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ
吉岡里帆の「カルテット」で見せた狂気的な演技に絶賛 イメージ一変 - ライブドアニュース
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆の怪演に反響「サイコパス」「異常性が際立った」 | エーチームグループ情報
【エーチーム噂】吉岡里帆・『カルテット』を崩壊させる魔性の女インタビュー: エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームグループ/評判・噂・2ちゃんねる
エーチームグループ/エーチーム/エーライツ : 【エーチーム噂】吉岡里帆の「カルテット」で見せた狂気的な演技に絶賛 イメージ一変
【エーチームアカデミー評判】吉岡里帆の「カルテット」で見せた狂気的な演技に絶賛 イメージ一変 - エーチームグループNews
エーチーム/エーライツ/エープラス@2ちゃんねる - 【エーチーム2ちゃんねる】吉岡里帆の「カルテット」で見せた狂気的な演技に絶賛 イメージ一変
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆
エー・チームとは - はてなキーワード
吉岡里帆 - Wikipedia



吉岡里帆(エーチーム所属)

nice!(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:芸能

【エーライツ評判】醍醐虎汰朗がネクストブレイクの予感 [エーライツ 評判]

【エーライツ評判】醍醐虎汰朗がネクストブレイクの予感

醍醐虎汰朗(エーライツ所属)
「弱虫ペダル」初舞台・
初主演で人気シリーズに
異例の抜擢

人気舞台「『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~」


人気舞台シリーズの最新作「『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~」で主演を務める若手俳優の醍醐虎汰朗(エーライツ所属)を、フィーチャーする。


醍醐虎汰朗(エーライツ所属)

オーディションで人気作に初主演


同舞台の原作は、累計発行部数が1,600万部を突破した渡辺航氏による「週刊少年チャンピオン」連載の人気自転車ロードレース漫画。気鋭の演出家・西田シャトナー氏の類まれなる演出技法と、実力派俳優陣の熱演が話題となり、2012年の上演開始から人気を博している。

シリーズ最新作は2017年春、決戦の合宿を越えインターハイへ。今回は、キャスティングの可能性を広げることを目的として、初となるメインキャストの一般公募を開催し、プロ、アマを問わず、厳選なるオーディションによってキャストが選出された。


醍醐虎汰朗


そんな中、初舞台にして初主演という異例の抜擢を受け、小野田坂道役を演じるのが醍醐。2000年9月1日生まれ、東京都出身のフレッシュな16歳だ。

女優の土屋太鳳が主演を務め、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、俳優の千葉雄大と共演する小学館「Sho-Comi」で連載中の人気コミックを実写化した映画「兄に愛されすぎて困ってます」(2017年6月30日公開)にも出演が決定しており、ネクストブレイクが期待される。

なお、舞台「『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~」は、2月25日、26日に大阪・オリックス劇場、3月4日から12日までTOKYO DOME CITY HALLにて上演。


醍醐虎汰朗インタビュー


Q1.デビューのきっかけは?

醍醐虎汰朗:
中学の部活(サッカー)の引退をきっかけに、幼い頃から憧れのあった芸能界にチャレンジしたいと思い、ネットを見て今の事務所のオーディションに応募したのがきっかけです。

Q2.好きな食べ物/嫌いな食べ物

醍醐虎汰朗:
好きな食べ物は、肉系と豆腐です。嫌いな食べ物は、ピーマンとイクラとウニとキャベツの芯です。

Q3.好きな女性のタイプ

醍醐虎汰朗:
家庭的で、優しい人。妹系か姉系なら姉系です!!漫画「東京喰種トーキョーグール」のトーカちゃんがタイプです。ツンツンしてるのにたまに優しいところが好きです(笑)。

Q4.好きな言葉(座右の銘)

醍醐虎汰朗:
「我以外皆我師也 (われいがいみなしなり)」小説「宮本武蔵」で有名な作家・吉川英治さんの言葉で自分以外の人、自然、全てから学ぶことがあるという意味です。

Q5.これだけは他の人に負けない!

醍醐虎汰朗:
漫画を読むスピードです!!1冊だいたい10分で読みます。1日最高30冊読んだことがあります。

Q6.自分にキャッチコピーをつけるとしたら?その理由は?

醍醐虎汰朗:
「常に挑戦者」今いる自分に満足せずに、常に自分を磨き、挑戦して上を目指していきます!

Q7.スタイルキープ(体作り/健康維持)のためにやっていること

醍醐虎汰朗:
今は「弱虫ペダル」小野田坂道の役作りの為に身体を絞ってますので、ジムに通ってランニングとエアロバイクを漕いでいます!!家ではお風呂に入り、代謝を上げるためにたくさん汗が出るまでつかってます。

Q8.最近ハマっていることは?

醍醐虎汰朗:
任天堂 Wii Uのゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」です!!!!かなりハマっています(笑)。次回発売の「スプラトゥーン2」なんて今からもう本当に楽しみです!!

Q9.最近した初体験

醍醐虎汰朗:
PARCOさんの「グランバザール2017」で初のメインでCM撮影をさせていただきました。僕1人だけの撮影に関わらずスタッフさんの人数が多いのとスタジオがとても広かったので驚きました!!!


醍醐虎汰朗


Q10.今、一番会いたい人(憧れ・尊敬している人)

醍醐虎汰朗:
伊藤英明さんです!!「海猿」を全シリーズ見させて頂いて、本当に心に響くアツい芝居をしていて感動しました。それから尊敬してます。

Q11.今、最も情熱を注いでいること

醍醐虎汰朗:
お芝居です。今、舞台「弱虫ペダル」の稽古が始まって刺激があり、毎日稽古場に行くのがとっても楽しいです。

Q12.今、悩んでいること

醍醐虎汰朗:
目上の方への礼儀と言葉づかいです。業界に入り、目上の方と関わる機会が増えたので、失礼のないように礼儀・言葉づかいをしっかりと会得したいです。

Q13.最近泣いたこと

醍醐虎汰朗:
漫画「ONE PIECE」のエースが死んでしまうところです。「最後に愛してくれてありがとう」ってところで泣きました(笑)。

Q14.今の夢(今後チャレンジしたいこと)

醍醐虎汰朗:
映画・ドラマ・舞台と色々な作品にチャレンジして、将来は日本をリードできる俳優さんになりたいです!!そして人として芯の通ったカッコイイ男になりたいです。

Q15.夢を叶える秘訣

醍醐虎汰朗:
自分に負けずにどれだけ努力できるかと、常に謙虚に生きることだと思ってます!!

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇
~スタートライン~ キャストコメント



舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~


原作:渡辺航/弱虫ペダル(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
脚本・演出:西田シャトナー
音楽:manzo
出演:醍醐虎汰朗、和田雅成、鯨井康介、八島諒、植田慎一郎、東啓介、秋元龍太朗、谷水力、河原田巧也、兼崎健太郎、飯山裕太、天羽尚吾、林野健志 他
日程:2月25日(土)・26日(日)大阪・オリックス劇場
3月4日(土)~12日(日)TOKYO DOME CITY HALL


醍醐虎汰朗

醍醐虎汰朗(だいご・こたろう)プロフィール


生年月日:2000年9月1日生まれ
出身地:東京都
慎重:165cm
趣味:サッカー・ファッション
特技:サッカー・筋トレ
出演歴:PARCO「冬のグランバザール2017×弱虫ペダル」CM
東進ハイスクール「2016全国統一高校生テスト」CM
古舘佑太郎「本をめくるように」MV
映画「兄に愛されすぎて困ってます」(2017年6月30日公開)
エーチームグループ・エーライツ所属


醍醐虎汰朗


舞台『弱虫ペダル』公式サイト
【注目の人物】「弱虫ペダル」初舞台・初主演で人気シリーズに異例の抜擢 醍醐虎汰朗がネクストブレイクの予感 - モデルプレス
エーチームグループ/エーチーム/エーライツ : 【エーライツ噂】醍醐虎汰朗がネクストブレイクの予感
【エーライツ新人】醍醐虎汰朗がネクストブレイクの予感 - エーチームグループNews
【エーライツ所属】醍醐虎汰朗がネクストブレイクの予感 エーチームグループオーディションに関するQ&A/ウェブリブログ
醍醐虎汰朗 | Twitter
醍醐虎汰朗 • Instagram
醍醐虎汰朗オフィシャルブログ
醍醐虎汰朗プロフィール|エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|醍醐虎汰朗
エーライツとは - はてなキーワード



nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇