So-net無料ブログ作成
検索選択

【芸能事務所エーライツ辞める】吉岡里帆インタビュー『女優として燃費がすごく悪い(笑)』 [エーチーム 声優/エーライツ 声優]


吉岡里帆(エーチーム所属)
『女優として燃費が
すごく悪い(笑)』


吉岡里帆インタビュー



昨年の朝ドラ『あさが来た』以降、4期続けての連ドラ出演。前期『カルテット』(TBS系)での演技が高い評価を受けるなど、瞬く間に若手実力派女優としてのポジションを確固たるものにした吉岡里帆(エーチーム所属)。そんなブレイク中の吉岡にとっての芸能活動とは、あの名ゼリフの通り「人生、チョロかった」!? 女優業への向き合い方や意識の変化について聞いた。アニメ声優への初挑戦となった『名探偵コナン から紅の恋歌』についても語る。

オファーをいただけるジャンルではないと思っていた



ゲスト声優の宮川大輔と吉岡里帆


――『名探偵コナンの』大ファンだそうですが、いつ頃から観ていたんですか?

吉岡里帆:小3のときに漫画から入って、1巻からずっと読んでいました。途中からはアニメしか観ていませんけど、これだけ長く接した初めての作品で特別な想いがあります。

――声優の仕事にも興味があったんですか?

吉岡里帆:まったくお仕事としての視野に入っていなかったです。オファーをいただけるジャンルではないと思っていたので、「私が『コナン』で声優ですか?」と聴き返しました。今回は大阪と京都が舞台で、私は関西弁がネイティブだからかな?

――声優の演技はいつもの芝居とは違いました?

吉岡里帆:まったく違うものでした。いつもは自分の身体や表情ありきで観てもらいますけど、アニメはキャラクターが主役。自分の声が未来子にハマるように、自分のほうが変わる気持ちでした。チョコレートを型に流し込むように。そこが新鮮な挑戦でした。

もっと勉強して自信を持てたときの声優業はすごく意味がある



吉岡里帆が演じる枚本未来子


――未来子のキャラクターを踏まえて意識したことは?

吉岡里帆:メガネをかけた真面目そうな子ですけど、関西人独特のハツラツとしたところと熱量があって。未来子がいて不自然でないところはどこか、すごく意識しました。役をめちゃくちゃ作り上げていくのではなく、みなさんの世界観に溶け込むことに重きを置きました。

――レコーディングでは苦戦しましたか?

吉岡里帆:スタッフさんたちに「あっというまに録り終わった」とおっしゃっていただきました。でも、スッといくところはいきつつ、思わぬところで戸惑いもありました。ちょっと涙声の「そやけど」のひと言が、何回やっても涙ぐんでいるように聴こえなくて。さり気なく声を震わせる技術がすごく難しかったです。

――チャンスがあれば、またやりたいですか?

吉岡里帆:そうですね。先日、『千と千尋の神隠し』で湯婆婆役をされた夏木マリさんから「声優は役者が必ずやるべき仕事」という話を聞きました。なぜかと言うと、声優さんたちはイントネーションを半音下げたり上げたり、声を音符として聴く能力がある。私たちが普通にお芝居しているだけだと、その能力は身に付かないから。もっと勉強して自信を持てた時点でやる声優業は、すごく意味があると思います。

自分のなかにイヤな過去を作れたら、ああいう顔になれるんです(笑)



吉岡里帆


――女優業では『カルテット』の来杉有朱役が大反響だったのでは?

吉岡里帆:ありがたいことに反響がありました。でも役のイメージで怖がられたりして、支障も来たしました(笑)。私のラジオ番組に大塚愛さんが来てくださったとき、『カルテット』を観てくださっていて「怖くて何を話していいかわからない」と言われたり(笑)。

――そのときは目が笑ってなかったわけではないですよね(笑)?

吉岡里帆:ちゃんと心から笑っていたんですけど、役って怖いと思いました。

――でも、女優冥利に尽きる話かと。

吉岡里帆:そうですね。役柄でインプットしてもらえるのは、すごく嬉しいです。演じた意味があると思います。



――有朱を演じている最中は大変でしたか?
演技を楽しめていましたか?


吉岡里帆:楽しく感じるまでに時間がかかりました。4人の空気感があって、私はそれをクラッシュする役。つまり異物なわけです。最初は作品の温度感も掴めてなくて、どれぐらい斬っていいのか、刺しにかかるしゃべり方をしていいのか、加減がわからなくて。ずっと怖かったんです。あんなにキャリアのある方々とお芝居ができて、もっと踏み込めるはずだったのに、ちょっと尻ごみしたシーンもありました。試行錯誤でしたけど、第1話が完成してからは求められている役割がわかって、振り切ってやりました。

――声優の仕事にも興味があったんですか?

吉岡里帆:たとえば「大好き大好き殺したい」が出る第5話の松たか子さん、満島ひかりさんとの長い会話シーンは、どんな準備をして臨んだんですか?

陰湿な変人の役が多くていつも困っています(笑)




――演技力の高い満島さんたちと渡り合うのも、圧を感じませんでした?

吉岡里帆:毎日、胃が痛かったです(笑)。他の仕事もあって、雑誌撮影でニコッと笑ったりもしないといけないのに、どうしても目が笑わなくて。「もう少し可愛く」と言われたりしました(笑)。それだけ役に入り込めていたのかもしれませんけど、まだ気持ちをコントロールできるほど経験値がないので。

――『カルテット』でご自分が好きなシーンはどの辺ですか?

吉岡里帆:満島さんに恋のレクチャーをするところとかですね。

――「告白は子どもがするもの。大人は誘惑してください」からのくだりですね。

吉岡里帆:そこもすごく胃が痛かったんです。「なんでこんなことをするんだろう?」と奇妙に思えて、理解するのに時間がかかりました。ただ見せるだけのシーンになるのはイヤじゃないですか。ちゃんと意味がないとダメだし、何かの伏線になっているはず。その伏線を回収する今後の台本も想像して、それも踏まえて挑みました。



――吉岡さんは有朱に限らず、はっきりした悪女とかより、タチの悪い感じの役が多いですよね。

吉岡里帆:陰湿で(笑)。本当に変人の役が多くて、いつも困っています。彼女たちがどういう人間なのかをちゃんと理解しないと、台詞が頭に入らないんです。入れようとしても、ただの言葉の羅列にしか見えない。彼女たちの言動が理解できて、初めて台詞が入り出す。私、燃費がすごく悪いんです(笑)。

――でも、役者さんとして真っ当なアプローチかと。吉岡さんの演技には、ビジュアルの印象と違い、舞台出身の役者さんのような練り方を感じます。実際、舞台をやっていらっしゃったそうですが。

吉岡里帆:最初は小劇場でした。それがお芝居を好きになるきっかけで、3年で6本くらい出演しました。自分ではあまり意識していませんけど、舞台は観るのも好きで、役へのアプローチの仕方とか、間の取り方とか、影響はされていると思います。私はお芝居はまず真似から始まると思っていて、映画も含め、いつかの誰かのお芝居の真似からはじめています。メモを見て「これ使えるな」って。

仕事が増えるほど苦しいけど、それゆえの嬉しさも噛みしめている




――女優として出演作品を重ねてきて、意識が変わったとか自信がついたとか、そういうきっかけになった作品はありますか?

吉岡里帆:朝ドラ『あさが来た』は大きな転機でした。お芝居は自分の主張ではないんだと気づくことができて。たくさんの人のなかの一部として生きる価値を、初めて体感できました。宜(のぶ)が宜であるだけで、みんながあんなに愛してくれて。「宜がいたからあそこで笑えた」とか、嬉しい言葉をたくさんもらえました。役として作品のなかで生きることは、こんなに充実感があるんだとわかりました。



――その『あさが来た』から連ドラ出演も4期続いて、「人生チョロかった」とも感じます(笑)?

吉岡里帆:いやいやいや、本気でそう聴かれたら悪意を感じます(笑)。でも、その台詞のことで言うと、『カルテット』の打ち上げのときに脚本の坂元(裕二)さんに「有朱の一番好きな台詞は何ですか?」と聴いたら、「『人生チョロかった』が書けたときは“勝った”と思った」とおっしゃっていました。作家さんがそんなに気に入った台詞を言えたのは本当に嬉しいです。でも、私の「人生チョロかった」とは全然思っていません(笑)。これからも山あり谷ありでしょうから。

――客観的に売れっ子になって、身の周りの変化はないですか?

吉岡里帆:ビックリするくらい、ないですね(笑)。喜んだとたんに、なくなることもある仕事なので、それこそ「悲しいことより悲しいことは、ぬか喜び」というのがすごくわかります。仕事が増えるほど苦しいし、責任感が重くなります。初めてオーディションに受かった頃のほうが無邪気に喜べました。今は台詞の量も昔と全然違って、それだけ喋れば良くも悪くも作品に影響します。そう思うと怖いし、それゆえの嬉しさも噛みしめています。



――お話をうかがっていると、吉岡さんは本当に考え方がロジカルですよね。

吉岡里帆:すごく人に興味があって。どんな人がいて、どんな生き方があるのか……という好奇心が集めたデータが、たぶんお芝居と直結しているんです。感覚でドーンと出すことも大事ですけど、やっぱり一定の客観視できる力が要ると思っていて。そのために、この思考回路を使っている気がします。

――これから芸能界でサバイバルしていくために、必要だと思うことは何ですか?

吉岡里帆:目的を持つことが大事だと思います。どういう作品を作りたいのか? どんな人に必要とされたいのか? そこをシンプルに明確にしていくことかな。私はまだあやふやですけど、悪役をやってみて「人間くさい役はいいな」と思いました。誰にも認められない、どこかの誰かの胸にグサッと刺さる役を演じたいです。万人に受け入れられなくてもいいので。「あの登場人物は大嫌い。でも、あの気持ちはわかっちゃう」とか、ちょっと鬱屈した心にちゃんと刺さるようなお芝居ができる役者になりたいです。

名探偵コナン から紅の恋歌




大阪のシンボル・日売テレビで突如、爆破事件が発生! そのとき局内では、日本の百人一首会を牽引する「皐月会」が開催する皐月杯の会見収録が行われており、突如の事態に大パニックに! ビルが崩壊していくなか、西の名探偵・服部平次とその幼なじみ・遠山和葉のふたりだけが取り残されてしまうが、間一髪の所で駆け付けたコナンにより無事救出される。そんな騒動のなか、コナンたちは平次の婚約者だと言い張る女性と出会う。その名は、大岡紅葉。
「平次は幼い頃からの運命の人」という紅葉は百人一首の高校生チャンピオンにして、未来のクイーンと呼ばれる存在だった。ときを同じくして京都・嵐山の日本家屋で、皐月杯の優勝者が殺害される。そのとき、殺害現場のモニターに映し出されていたのは、紅葉の姿。そしてそこには、ある「歌」が深々となり続けていた――。
大阪と京都、そして平次と紅葉。ふたつの事件、ふたりの運命を紡ぐもの、それは「古からの恋の歌」。

監督:静野孔文
声の出演:高山みなみ 山崎和佳奈 小山力也 堀川りょう 宮村優子 吉岡里帆
2017年4月15日より全国東宝系にてロードショー


吉岡里帆


劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』公式サイト
吉岡里帆インタビュー『女優として燃費がすごく悪い(笑)』 | ORICON NEWS
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆「どんぎつね」が星野源の前に出現 - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【エーチーム事務所評判】吉岡里帆を監督が絶賛「若き日のオードリー・ヘップバーン」|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、アルバイトを4つ掛け持ち 関係者が語る辛い下積み時代|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆の“キスルール”にNEWS小山慶一郎驚愕
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki - 【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、親にも言えず「何の為にこんなことをしているんだろう」下積み時代振り返り涙
【エーライツアカデミー声優】吉岡里帆、アフレコ前の緊張で「手汗がびちゃびちゃ」 - エーチームのオーディションって…。
【エーチームグループ声優】吉岡里帆「コナン君との共演、夢のよう」人気アニメ劇場版、関西弁で声優に初挑戦 - エーチームオーディション/エーライツデビュー - Yahoo!ブログ
【エーチーム声優】吉岡里帆「一歩間違ったら、ストーカー」|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆、USJにサプライズ登場!コナンに“切り札”と認められ大興奮: エーチームオーディションに関するQ&A♪
エーチームグループ/エーチーム/エーライツ : 【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆インタビュー『女優として燃費がすごく悪い(笑)』
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆インタビュー『女優として燃費がすごく悪い(笑)』
【エーライツ辞めた後エーチーム所属】吉岡里帆インタビュー『女優として燃費がすごく悪い(笑)』 - エーチームオーディション/エーライツ
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆



映画『名探偵コナン から紅の恋歌
(からくれないのラブレター)』予告編




吉岡里帆(エーチーム所属)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: